<債権回収>

状況

 補助金申請のサポートをしていた会社が、サポートを実施して実際に補助金の採択を受け、入金もあったのにも関わらず、採択された側が翻意したことで、多額の売掛金が未収となっていました。相手方は、「払う考えはある」とは言うものの、何度も支払いの約束を反故にし続けていました。

 

対応

 相手方に内容証明を送付の上、仮に支払いがなければ法的措置をせざるを得ない旨を伝えて、支払いを行うように説得しました。

 それに対し、金額の問題で一括での支払いが難しいとの回答があったことから、短期の分割のみ認めることとし、示談しました。

 

ポイント

 債権回収は、書面での通知、交渉、そして、話し合いが成り立たなければ調停や訴訟も当然行うとの考えで進めます。他方で、相手がいることですから、現実的な回収期間や金額を考慮することも必要です。今回は、分割を提案したことで、相手が現実的に支払い可能となり、交渉に応じやすくなりました。